作業員

屋根裏でのねずみ

ねずみの駆除は高所作業

散布機

ねずみは、住宅の中でも特に屋根裏に住み着くことが多いので、駆除は高所での作業となりがちです。高所での駆除作業は、落下して怪我をするなどの危険性があるため、専用の道具や技術を有した業者に任せた方が安全です。 また、高所での駆除作業を個人で無理におこなうことで、天井のホコリやねずみの糞や寄生していたノミなどが、階下に撒き散らされてしまう恐れもあります。すると屋根裏での駆除作業だけでなく、階下での清掃作業や害虫駆除作業も必要になってきます。ところが業者なら、そういった点を考慮した上で、効率良くスピーディに駆除作業を進めてくれます。 特に、吹き抜けなど天井が高い構造になっている建物の場合、駆除作業を業者に任せる人が多いです。

屋根裏に住み着く理由

そもそもなぜねずみが屋根裏に住み着くのかというと、低い場所と比べると外敵が少なくて安全に過ごすことができるからです。猫やヘビなどのねずみにとって敵となる動物は、壁を素早くよじ登ることはできませんが、これはねずみにとっては簡単なことです。そのため屋根裏は、ねずみが素早く身を隠すためには、格好の場所と言えるのです。 また昨今の住宅では、住宅内のぬくもりを逃さないために、屋根裏にグラスウールなどでできた断熱材が使われています。これは、ぬくもりを閉じ込める性質があって暖かいので、ねずみにとっては良い寝床となります。そのためこれもまた、屋根裏に住み着くことが多い理由のひとつとなっています。 業者にねずみ駆除を依頼した場合は、屋根裏への侵入経路を塞ぐ作業もしてもらえるので、以後はねずみは侵入してこなくなります。